いらないものを処分して引越しの見積もりを安くする

この記事は約2分で読めます。

引越しの訪問見積もりでは、まだ荷造りする前の普段生活している状態の荷物をダンボールに詰めると、「いくつくらいのダンボールが必要になるか」を引越し業者の営業マンが判断して料金を計算します。

このとき、実は新居に持っていかない予定の物も新居に運ぶ荷物リストの中に入ってしまってます。

引越しの見積もり前に処分できるものを処分して荷物をスッキリしておく

引越しの料金を少しでも安くする手段として、「荷物を減らす」という方法があります。

荷物を減らす方法にもいくつかありますが、まずは人にあげるのが一番です。

もちろん欲しいという人がいればの話なのですが、友人、知人に声を掛けてみるのはとても有効です。

大事なのは「あげる」ということです。

これを「売る」にすると、相手は友人、知人でないほうがよくなります。

物を減らすことでどれくらい引越しが安くなるかは微妙なさじ加減なのですが、もし、このタンスが無かったら軽トラックに乗るけど、タンスを持っていくなら1トントラックになるというとき、思い切ってタンスは処分したほうがいいということもあります。

このものを減らすという作業は、引越しの見積もりととる前に済ませておいたほうが、引越しの見積もり金額は断然安くなります。

何故なら、部屋を退去する引越しでは、見積もりのときに部屋の中にある物は基本的に運ぶか処分するかしないといけないので、「引越し当日にはなくなっている予定」くらいの予定なら、無くなっている予定の物も運ぶつもりで引越し業者は見積もり金額を出します。

この「予定は未定」という考え方は、長年の業務の中で培った引越し業者の手法なのです。

「客は嘘をつくものだ」という残念な感覚の元、引越しの見積もり料金を出しているのです。

だから、「これは運びません」と訴えるだけでは、そのもの自体も運ぶ体で見積られてしまうのです。

引越しの見積もりのときに部屋の中が片付いていると、引越料金が安くなる

引越し業者は部屋の中が散らかっているお宅の引越しの見積もりは料金を高めに出します。

片づけができないお宅は、引越し当日までに荷造りができていない可能性が高いからです。

また、引越し業者の営業マンも引越し当日の作業員も人間ですから、きれいな荷物を運びたいと考えています。

どの引越し業者も正直、ゴミ屋敷の引越しはしたくないのです。

引越しの料金を安くしたいのであれば、引越しの見積もりの日までにできる限り片付けて、荷物も引越し料金もスッキリさせたいものです。