引越し見積もり|訪問見積もりのメリット、デメリット

引っ越しの訪問見積もり

引越し業者が訪問して見積もりをしてくれる無料のサービス「訪問見積もり」

引越しの見積りを取るなら、訪問見積もりが断然楽です。

また、訪問見積りのほうが結果的に早いです。

そして、最安値を出せるのも訪問による見積もりです。

まず、引越し業者に訪問見積りを依頼してから引越当日までの流れを見てみましょう。

訪問見積もりの引越し当日までの流れ

引越し業者に電話やインターネットで見積もりを依頼する

引っ越しの見積もりのために引越し業者が訪問する日時を決める

見積もりの当日、引越し業者の営業マンが直接お宅へ訪問

引越し業者の簡単な紹介

家の中を一回りして、全ての家財と荷物を確認

営業マンが引越し業者に電話してトラックの空きを確認

引越し業者の営業マンが引っ越しの見積もり書を作成

値段交渉

引越し業者の見積もり書見比べて引越し業者を決定

決定した引越し業者に電話して正式に引越しを依頼

引越し業者からダンボールが届く

引越しの荷造り開始

引越当日

引っ越しの営業マンが家財を全てチェックして見積もり書を作成するのに20分~30分くらいかかります。

1引越し業者の営業マンが家にいる時間は30分から1時間です。

見積もりの時間を一時間ずつずらして見積もりの依頼をすると、3社の見積もりを取るのに3時間で済みます。

訪問見積もりのメリット

引っ越しの料金が最安値になる
引越しの訪問見積もり

訪問して見積もりしないと出せない引っ越しの最安値があります

「今決めてくれたらこの料金で」という金額は、その引越し業者で請け負える最安値です。

この最安値を引き出す方法は、訪問して見積もりを出してもらう以外ありません。

また、電話での見積もりだけだと、引っ越し会社は荷物の量を多めに見ていますから、必要以上に大きなトラックでの見積もりになっていて、そのトラックに見合った高めの見積もりの料金になっています。

訪問して見積もりをしてもらうと、適切な大きさのトラックが割り当てられ、見積もりの料金が電話だけの見積もりよりも安くなります。

■見積もりを依頼する電話が短くて済む

引越し業者に訪問見積りを依頼する電話の内容は、名前、電話番号、現在の住所だけです。

あとは訪問見積もりの日時を決めるのみですから、現在のお住まいの立地条件、隣接する道路状況、運ぶ荷物のリスト、更に新居の住所、立地条件、道路状況など伝えなければならない事柄が多い電話見積もりとは比べ物にならないくらい短い電話で見積もりを申し込むことができます。

荷物リストを引越し業者が作成してくれる

引っ越しの見積もり書は荷物のリスト表になっています。

引越し業者、つまりプロが作成する荷物のリストですから、素人では解らない荷物のチェック事項も踏まえてあります。

このリストは自分で荷物を確認する時も便利です。

引越しのアドバイスがもらえる

引っ越しはいろいろと調べないといけないことが多いのですが、引越し業者ならすぐに回答してくれます。

引越し業者の営業マンの中には引越しに関してとても詳しい人がいます。

また、そういう引越しに関してとても詳しい担当者がいる引越し業者を選ぶことができるのは訪問見積もりだけです。

荷造りの仕方が解る

引越し業者が指定したとおりに荷造りすれば、間違いありません。

また、どのくらい時間がかかるか、ダンボールがどれくらい必要になるかなど荷造りに関するほとんどの疑問に引越し業者が答えてくれます。

これはインターネットで見かける「荷造りにかかる時間」などの参考値ではなく、依頼者の荷物状況、依頼者の家族構成、荷造りに使える時間などを考慮に入れた最も信頼できる荷造り方法になります。

引越に必要な数のダンボールが無料になる

見積もり書に指定した数の引越しに使用するダンボールは、ほとんどの引越し業者が無料でサービスしてくれます。

電話見積もりだと、ダンボールは自分で用意しなければならないことが多いです。

引越し業者を決める材料が増える

引っ越しは引越し当日まで中身が見えませんから、内容を詳しく聞いておいたほうが安心です。

引越しの内容は引越し業者によって違います。

同じ相見積もりを取るのなら、値段、料金だけでなく、サービスの内容も比較したいものです。

訪問見積もりだと、引っ越しまでの流れや引越し当日のダンドリなども詳しく聞くことができます。

引越し業者が来てくれて直接いろいろと聞けるのは、訪問見積りの最大の利点といえます。

引っ越し当日の作業が電話見積もりよりも丁寧

引越し業者の営業マンは、引っ越し当日まで見積もりをしたお宅の担当者です。

引越し業者の営業マンは、引越し当日の作業員への指示なども最後まで適切に行います。

ところが、電話見積もりだと、その引っ越しに担当者はいません。

引っ越し当日、作業員は誰に監視されることも無く、引っ越しの作業にあたります。

監督のいる現場と、監督のいない現場では比べるまでもなく、管理してくれる担当者がいるほうがスムーズかつ丁寧に引越しが進みます。

訪問見積もりのデメリット

知らない人(引越し業者の営業マン)に家の中を見られる

引越し見積もりの立会いが女性の場合、できれば2人以上いたほうが安心引越し業者の営業マンはほとんどの場合、男性です。

1人暮らしの女性や立会いが奥様のみの場合などは、できればもう1人ついておいたほうが見積もりを依頼する側としては安心です。

見積もりを依頼す側の立会いが男性か、女性でも二人以上であれば、部屋の中を見られること自体は、もうすぐここも引っ越すのですからそんなに気にすることはないと思います。

また、引越し業者の営業マンは1日に10件ものお宅を訪問していますから、部屋が多少散らかっていようと気にすることはありません。

特別、片付けたりする必要もありません。

処分する予定の物や、引っ越しの時に運ばないものなどはハッキリ分かりやすく集めておく方が引越し料金が安くなります

見積もりのときに立ち会わなければならない

引越し業者1社に付き30分から1時間、時間的に拘束されますが、こちらの要望を伝える時間でもあります。

面倒がらずに見積もりに来た全ての引越し業者に漏れの無いように要望を伝えましょう。

また、複数の引越し業者をまとめて見積もりを取るというのはマナー違反です。

引越し業者1社の見積もりの度に1時間、呼んだ引越し業者の数だけ時間がかかります。

引越し業者の営業マンが居座って帰ってくれない

引越し業者の営業マンは、見積もりとはいえ、その名のとおり、営業しに来ているのですから自社に決めて欲しいと思っています。

これも引越し業者の断り方を知っておいて、断り文句を用意しておけば大丈夫です。

後で断りを言わなければならない

引越し業者の営業マンに横柄な人や不親切な人はほとんどいません。

もし、横柄な、あるいは不親切な人材を営業マンにしている引越し業者はその時点で断るべきです。

本当に問題なのは、ほとんどの引越し業者の営業マンが好印象なのに対して、引越しを依頼できるのが、その中の1社のみだということです。

1社以外の引越し業者は全て断らなければなりません。

引越し業者の断り方を知って、上手に断りを言いましょう。

引っ越しを安くすませたいなら、迷わず訪問見積もりを選びましょう

訪問見積もりのメリット、デメリットを見てもメリットのほうが大きく、何より適正な料金で引っ越しができるのが訪問見積もりです。

一人暮らし、単身分の荷物量でも、時間の許す限り訪問見積もりをお願いしたほうが絶対にお得です。

  • 引越しの見積もりの注意点 | 引越し業者の営業マンが来たら
    引越しの見積もりの注意点 | 引越し業者の営業マンが来たら