引越し見積もりでやってはいけないこと、注意点

見積もりの際に実際にユーザーが取った行動で引越し業者が困ってしまうこと引越し業者から引越しの見積もりを取る時に注意することです。

知らなかったらやっていたかもしれません。

見積もりの際に実際にユーザーが取った行動で引越し業者が困ってしまうことです。

複数の引越し業者を同じ時間帯に呼んでバッティングしてはいけない

数社の引越し業者を同じ時間帯に呼んでバッティングしてしまうのはマナー違反

数社の引越し業者を同じ時間帯に呼んでバッティングしてしまうのはマナー違反

ユーザーの「複数の引越し業者を同時に呼んで一気に見積もりをしてもらいたい」という気持ちはわかります。

しかし、引越し業者間にもマナーがあって、先に他の引越し業者が見積もりに入っていた場合、次に来た引越し業者は前の引越し業者の見積もりが終わるまで待つことになります。

これは先に見積もりに入っている引越し業者に対して、後から来た引越し業者が守らなければならないマナーです。

数社の引越し業者を同じ時間帯に呼んだ場合、後から来た引越し業者は待ち時間が長くなってしまうか、次の予定に向かうためにそのユーザーの見積もりは別の日に予定を組みなおすことになります。

相見積もりには、ユーザーにも引越し業者にも守るべきマナーがある

「複数の引越し業者を同時に呼んで一気に見積もりをしてもらいたい」ということであれば、見積もりの予約の際に他の引越し業者と同時でも良いかを見積もりをお願いする全ての引越し業者に確認しておきましょう。

他の引越し業者と同じ時間帯に相見積もりするのが嫌な引越し業者は、見積もりの予約の時点で辞退するでしょうし、見積もりに参加する引越し業者はそれなりの心構えを持って訪問します。

また、見積もりの予約の際に他の引越し業者と同時だということを伝えておくことではじめて、引越し業者は引越し業者間のマナーである「先に入った引越し業者の見積もりが終わるのを待つ」というルールを乗り越えることができるのです。

見積もりに来た引越し業者を部屋に入れないと見積もりはできない

見積もりに来た引越し業者を部屋に入れないユーザーの見積もりはできない

見積もりに来た引越し業者を部屋に入れないユーザーの見積もりはできない

たまにいらっしゃるのがこのタイプのユーザーです。

引越しの見積もりを訪問販売か何かと同じように考えていて、玄関での立ち話で終わらせようとするユーザーが中にはいるのです。

引越し業者は引越しの説明をしに来たのではなく、ユーザーの荷物を見に来たのですから、部屋の中をひと通り見ないと荷物の状況がつかめず見積もりを出すことができません。

その見積もりを出せない状況は引越し業者がわざわざユーザー宅訪問した労力を真っ向から否定するものです。

引越し業者は部屋の中の荷物をリストにして見積もりを出す

引越し業者の見積もりの最大の目的は、ユーザーの家の中のほとんどを見て荷物を確認し、荷物の総量に合ったトラックの大きさを割り出すことです。

この引越し業者の見積もりサービスがあることでユーザーは荷造りをする前に自分の引越し料金を知ることができるのです。

逆に言えば、荷造りをした後ならば、家具家電の点数とそれぞれの寸法、それにダンボールの数がわかれば訪問せずとも引越しの見積もりが出せるということです。

引越し業者に嘘をついてはいけない

ユーザーの申告に嘘があった場合、引越しが見積もりどおりに行かなくなり、追加料金や荷物の積み残しが発生してしまう

ユーザーの申告に嘘があった場合、引越しが見積もりどおりに行かなくなり、追加料金や荷物の積み残しが発生してしまう

引越しの見積もりはユーザーの申告に基づいて算出されています。

そのユーザーの申告に嘘があった場合、引越しは見積もりどおりには行きません。

例えば運ぶ予定の荷物の中に申告漏れがあった場合、引越し当日、引越し業者が用意したトラックに荷物が乗り切らないことがあります。

荷物の申告漏れはある程度仕方のないことなのですが、故意に申告しなかった場合、あるいは申告漏れの荷物の量があまりにも多い場合、引越し当日に追加料金が派生してしまいます。

引越し業者は引越しの当日に追加料金や荷物の積み残しが出ないように見積もりを出しているのですから、荷物の申告漏れがあると見積もり自体が無駄になってしまいます。

引越し当日の追加料金の発生や荷物を積み残されてしまうのは、ユーザーにとってもマイナスでしかありません。

そんなつもりはないのに嘘をついたことになることも

例えば、ユーザーが机を新居に持っていくか処分するか迷っているが、処分してもらう見積もりを出してもらったとします。

見積もりに来た営業マンには「持っていくか迷っている」というニュアンスは伝わっていますが、引越し当日の作業員はなにも知りません。

引越し当日になって「やっぱり机も運ぶ」と言い出したら、引越しの作業員はユーザーに対して「嘘をつく性質の悪い客だ」という印象を持ってしまいます。

そこに悪意がなくても引越し作業員には関係ありません。

作業員にしてみれば、見積もりにない作業が一つ増えるという面倒臭さだけが込み上げます。

結果、引越し当日、なんとなく険悪なムードの中で作業が進むことになります。

引越し業者を決めてないのにダンボールをもらってはいけない

引越し業者を決めてないのにダンボールをもらったら、有料になるか返却が必要になる

引越し業者を決めてないのにダンボールをもらったら、有料になるか返却が必要になる

これは引越し業者の営業マンにも問題があるといえますが、以下のような例がかなりの確立で起こっています。

見積もりが終わってユーザーが見積もりに納得してくれたので、引越し業者の営業マンが荷造り用にダンボールを置いて帰った後、「他の引越し業者に決めたのでダンボールを取りに来てくれ」とユーザーから電話ががありました。

「くれると言うのでもらっただけで、返せというなら取りに来い」と怒ってまくし立てるユーザー。

営業マンの説明不足であったかもしれませんし、ユーザーの勘違いであったかもしれません。

その引越し業者に決めたとユーザーが言ったのであれば、ユーザーが嘘をついたことになりますし、決めてもないのに引越し業者が「荷造りに使ってください」と言ったのあれば、引越し業者の説明不足です。

ダンボールなどの梱包資材は、引越しを請け負うことによるサービスの一部

引越しの見積もりの時にお米や洗剤をもらうのかまいませんが、ダンボールをもらうのは、その引越し業者に決めた時だけだと思ってください。

まだ、どの引越し業者にするか迷っているなら、どの引越し業者からもダンボールをもらってはいけません。

ダンボールなどの荷造りに必要な資材は引越しを請け負うときにサービス、もしくは安価でお渡ししているものですから、その引越し業者で引越しをしないのにダンボールなどをもらうことはできません。

引越しを依頼しない引越し業者からもらったダンボールは、有料になるか返却が必要になります。

ダンボールをもらうときには注意が必要だということです。

引越しの見積もり後に物を増やしてはいけない

引越しの見積もりのあとに大きなものを買い足すのは控えてください

引越しの見積もりのあとに大きなものを買い足すのは控えてください

引越しの見積もりは引越し予定日の1ヵ月前から、遅くとも2週間前には取りたいと引越しの見積もりを取るタイミング・時期でお知らせしています。

実際、見積もりを取ってから引越し当日までの間、荷造りや引越しの手続きなどやることは目白押しで忙しくなるはずです。

そんな中、見積もりを取ってから引越しまでの間に、荷物を増やしてしまうユーザーも中にはいます。

見積もりの時にはなかった椅子、見積もりのときにはなかった机など、引越しの見積もりのあとに家具、家電を増やしてしまうユーザーです。

引越しの見積もりは、そのときの荷物、そのときの条件に対して出されたもの

見積もりのあとに物を増やすのは厳禁です。

荷物が増えるというのは見積もりの条件が変わるということです。

荷物が増えれば引越し業者が予定しているトラックに乗り切らなくなる可能性があります。

新しく物を増やすなら初めから新居に送るか、新居に引越してからにしましょう。